大切な家だから高く売りたい。

売る前にやっておくべきこと

媒介契約の在り方

家の売却をしようとする場合には、地域にある不動産業者に
依頼をして、客寄せから売買契約の手続きまでのいっさいを
依頼してしまうというのがもっとも合理的であるといえます。

こうした不動産業者への依頼ですが、専門用語では
媒介契約とよばれています。

すなわち、不動産業者が仲介役となって、家を売りたい人と、
買いたい人とを結びつけているという感覚です。

その見返りとして、不動産業者では成約した際に
所定の仲介手数料を手にすることができます。

もしも家をできるだけ高く売ることを考えるのであれば、
この媒介契約の在り方についても、依頼をする前に
検討しておきたいところといえます。

媒介契約のなかでも、一般媒介契約とよばれるものは
複数の業者に対して、同じ物件を依頼する場合に
用いられる方法です。

はじめから高く売ることができると見込まれる物件、
たとえば駅の近くにあったり、築年数が新しくグレードが高いような
物件であれば、一般媒介契約にすることによって、業者間での
競争がはたらきますので、より高く売ることができる可能性が
高まるといえます。

一方、いわゆる田舎物件、利便性に乏しい物件、築年数が
かなり経過している物件であれば、そのままでは家を
高く売ることはむずかしいかもしれません。

そうした場合は、ひとつの業者に親身になって対応してもらい、
場合によってはリフォームや価格面での相談なども
受けてもらったほうがよいでしょう。

こうした場合には、専任媒介契約、専属専任媒介契約といった
ひとつの業者とだけ契約をする形式のほうが向いているといえます。