大切な家だから高く売りたい。

売る前にやっておくべきこと

自己取引の余地の選択

家を高く売るためには、さまざまなことを考えなければなりませんが、
一般的には、不動産業者と媒介契約とよばれるものを締結して
チラシや店頭掲示などによる広報宣伝、購入希望者の現地案内、
売買契約の手続きの補助などといった、一連の活動のすべてを
まかせてしまう場合が多いといえます。

販売のノウハウ

しかし、不動産業者はたしかに不動産の販売についてのノウハウと
知識をもったプロではありますが、かならずしもまかせきりで
家を高く売ることができるとは限らないものです。

不動産業者としても、購入希望者、売却希望者の双方の条件を
すり合わせなければなりませんので、場合によっては売却価格の
引き下げなどの譲歩を迫ってくるかもしれません。

そうしたことであれば、むしろ売却希望者本人が、親戚や知人などを通じて
購入希望者を探し出し、直接条件交渉をしたほうが、結果として
家を高く売ることができる可能性があります。

このため、媒介契約を締結する際には、家を高く売るという
最終的な目的のために、売却希望者が不動産業者を通さずに
直接的に購入希望者への売却を行う、いわゆる自己取引の余地を
残しておくかどうかについて、前もって検討し、適切な選択を
すべきといえます。

取引

媒介契約には、宅地建物取引業法による分類として、一般媒介契約、
専任媒介契約、専属専任媒介契約とよばれる種類があり、そのなかからの
選択となっています。

もしも家を高く売るために自己取引を可能にしたいのであれば、
専属専任媒介契約というタイプは法的にそのことが認められて
いませんので、他のタイプによって契約をしなければなりません。